カメラマンも結構大変なんです。


by qwnu0qraws

<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 福岡県は3月2日、虚偽の記録作成などで介護報酬を不正に請求していたなどとして、「有限会社グループケアサービス」(築上町)が運営する指定訪問介護事業所「ホームヘルプうらら」(同)と指定居宅介護支援事業所「ケアプランセンターうらら」(同)の介護保険法に基づく指定を31日付で取り消すと発表した。

 福岡県保健医療介護部介護保険課によると、「ホームヘルプうらら」は、同社が運営し、同事業所の職員が兼務する住宅型有料老人ホームの入居者に対し、夜間の巡回の際に排泄介助など訪問介護に該当するサービスを提供したとする虚偽の介護記録を作成するなどして、介護報酬約1595万円を不正に請求した。

 また、「ケアプランセンターうらら」では、不適正なケアプランを作成。さらに、訪問介護の実績がないにもかかわらず、虚偽の実績報告を行うなどして、介護報酬223万円を不正に請求していた。
 このほか、同社の取締役を兼ねていた同事業所の管理者については、介護支援専門員としての登録を同日付で消除する。


【関連記事】
静岡県が社福法人に業務改善命令へ、役員に解職勧告も
虚偽申請や検査妨害で訪問介護事業所の指定取り消し―岡山
虚偽の申請で介護事業者指定取り消し―宮城
6千万円超不正請求で介護事業者指定取り消し―神奈川
介護NPO法人が給付費不正請求で指定取り消し―埼玉

【Web】「最後のメール」送るサービス(産経新聞)
「のぞみ」車内に煙=ギア潤滑油漏れる−神戸(時事通信)
元「派遣村」村長、湯浅・内閣府参与の辞表受理(読売新聞)
がんを知るフォーラム 横浜で700人が参加(毎日新聞)
<名誉棄損容疑>「不倫」写真でっち上げ 朝日大職員逮捕(毎日新聞)
[PR]
by qwnu0qraws | 2010-03-07 18:02
 27日午前7時55分ごろ、横浜市旭区川井宿町の市道で、同区の男性会社員(48)のトラック(3トン)が無人のまま坂道を下り、約30メートル先の丁字路突き当たりにある民家のブロック塀に衝突した。塀の内側にいた近所の主婦(68)が顔に軽傷を負った。

 旭署の調べでは、トラックはベニヤ板の積み下ろし作業のために止まっていた。男性は「サイドブレーキは引いていた」と話しているが、同署はブレーキが緩かったとみて業務上過失傷害容疑で調べている。【中島和哉】

1月の自殺者、7.2%減=5カ月連続で前年下回る−警察庁(時事通信)
阿久根市長、議場に姿=閉会間際で流会に−鹿児島(時事通信)
漢方・鍼灸のエビデンス確立などを提言−厚労省研究班(医療介護CBニュース)
<津波警報>レベルダウン迅速化に言及 中井担当相(毎日新聞)
普天間 官房長官と米大使 会談で「トラスト・ミー」応酬(毎日新聞)
[PR]
by qwnu0qraws | 2010-03-06 01:01
 【青森】「下北ワイン」の醸造元でむつ市川内町の有限会社「サンマモルワイナリー」(北村良久社長)が、生食用ぶどうのスチューベンを使ったワイン「サンマモルワイナリー 青森氷果 スチューベン」を開発し、3日から売り出す。凍らせて水分を取り除き糖度を高める製法で、同社によると、スチューベンを使った人工アイスワインは全国初。北村社長は「新幹線開業に向け、県特産品として売っていきたい」と意気込んでいる。

 スチューベンは田舎館村と鶴田町で昨年9月〜10月に収穫されたもので、約5トン入り冷凍庫でマイナス20度で一週間以上凍結させ、溶かした後に約10時間かけ圧搾する。果汁の糖度は常温時は18〜23度だが、凍結で水分が取り除かれ、38度まで上がるという。北村社長は「搾るタイミングを見つけるのに苦労した」という。

 ワイン作りは3年前から取りかかり、濃紺の果皮を生かしたルビー色のフルーツワインにたどり着いた。フルーティーな香りと「極甘な味」が特徴で、ブルーチーズやフォアグラ、バニラ味のアイスクリームなどと相性がいいという。ラベルにはリンゴなど県産品が描かれている。

 200ミリリットル1980円(税込み)。販売は青森市の県観光物産館アスパムや県内のさくら野百貨店、百貨店「中三」など。サンマモルワイナリー(電話0175・42・3870)。【山本佳孝】

インフル流行、警報地域無くなる―患者数4週連続減(医療介護CBニュース)
朝鮮学校の無償化「結論出てない」首相が修正(読売新聞)
<個所付け通知>前原国交相を注意 鳩山首相(毎日新聞)
体験エステ悪用、タオル姿の女性にしつこく勧誘(読売新聞)
あの手この手で民主批判=街頭演説、確定申告相談会で−自民(時事通信)
[PR]
by qwnu0qraws | 2010-03-04 05:59
 平野博文官房長官は25日午前の記者会見で、天皇陛下の公的行為のあり方に関し、自民党が求めていた「天皇の政治利用を避けるための統一的なルール作り」は困難とする政府見解をまとめたことを明らかにした。

 平野氏はルール作りについて「公的行為が多岐にわたるので難しい。それぞれの事案について個別に判断し、象徴天皇としての行為を内閣で十分に判断する必要がある」と述べた。公的行為には外国賓客の接遇や外国訪問、国会開会式への出席と「お言葉」などがある。【横田愛】

働く女性にとって関心のある習い事は「英語」(産経新聞)
小沢邸にまた銃弾!同封はがきに「ゴキブリ退治」(スポーツ報知)
伊予路に春の足音 松山で「椿まつり」(産経新聞)
万引き誤認逮捕…目撃証言を過信、裏付け怠る(読売新聞)
国産ワクチン在庫、774万回分=1月中旬時点、新型インフル用−厚労省(時事通信)
[PR]
by qwnu0qraws | 2010-03-02 23:17
 民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=側が北海道教職員組合(北教組)側から総額1600万円の違法な選挙費用を受け取っていたとされる事件で、小林氏の選挙区にある北教組石狩支部が内部文書で、これまで同様に選挙運動を強めるよう組合員に呼びかけていたことが24日、分かった。

 教員の選挙活動は、教育公務員特例法などで原則禁じられている。

 内部文書は「北教組に対する選挙にかかわる捜査について」と題し、北教組本部に札幌地検の家宅捜索が入った15日付。石狩市や江別市など5市1町単位の組合の代表者の支会長あてに出された。

 文書では、石狩支部として「捜査の状況を見守り、北教組本部の説明を待って対応する」とした上で、「これまで同様運動を推進・強化するよう要請します」と選挙運動の盛り上げを呼びかけている。文書内容は、支会長から学校単位の組合の代表者、分会長の会議を通じて末端の組合員に伝えられた−という。

 文科省は選挙前に「教職員等の選挙運動の禁止等について」とする通知を出しているが、ほとんど徹底されていない。とりわけ、北教組は強固な組織力を使った、激しい選挙運動が繰り広げられることで知られる。

【関連記事】
自民が教員の政治活動規制法案を提出へ 北教組の違法献金事件受け
北教組の深い闇 学校を支配する諸悪の根源「46協定」とは
民主“利益誘導”選挙通じず 「小沢的なるもの」排除を
北教組事件 連合、公選法順守徹底確認 参院選控え「火消し」
北教組事件で自民・義家議員らが現地調査「偏向教育のため議席買う」

大腸炎原因菌で男性患者死亡=院内感染の可能性も−さいたま市立病院(時事通信)
26日に知床の魅力体感イベント(産経新聞)
<東大寺>法華堂の須弥壇、創建以来初の本格修理へ(毎日新聞)
<石井一参院議員>「チベット」発言弁明(毎日新聞)
「夜間無人で意外に金ある」幼保専門ドロ逮捕(読売新聞)
[PR]
by qwnu0qraws | 2010-03-01 17:52